フリーエンジニアの魅力と現実のギャップ

フリーエンジニアは、会社に縛られているエンジニアと比べると努力次第で、より大きな年収を得ることができるのが最大の魅力です。しかし、良いことばかりではないでしょう。努力次第で収入が上がるということは、逆に言えば、病気などで仕事ができなくなると、たちまち収入が断たれることになるからです。そのため、フリーの立場の人間は企業に勤めていた時と同じ収入を得ていたのでは安心できません。それよりはるかに多くの収入を得ていないと不安でしょうがないのです。

さらに、フリーになると仕事を確保するために営業活動も並行して行わなければならないという難しさもあります。どんな仕事でもOKというのであればともかく、希望にあった単価の仕事を得ようと思えばそれなりの苦労は必要でしょう。また、自分でスキルを磨く時間を確保できることがフリーエンジニアの魅力のひとつであるのですが、それはスキルを磨けなければ命運を絶たれてしまうことも意味しています。企業に属していれば自分のスキルが時代遅れになってもなんらかの救済措置がありますが、フリーの立場になってしまうと退路はなくなってしまうのです。自由と実力の世界に憧れてフリーエンジニアになったものの、そうしたギャップに苦しむ人は少なくありません。そうならないためにもその事実をしっかり認識し、フリーになる前に自分のスキルが通用するかを確認して、ある程度の貯金も確保しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です