フリーエンジニアは慎重かつ大胆さが必要

エンジニアという仕事は、会社員の道以外にもフリーエンジニアに向いている仕事だと言われています。会社員であることのメリットは、営業を兼ねている場合でない限り、仕事を自らとってこなくても仕事が与えられ、安定した収入を得られる、一定の社会的な信用が自動的に付与されるといったメリットがありますし、フリーランスとして働く場合は、仕事の選択やプライベートの時間とのバランスにおいて自由度がかなり増す、成功できれば高額報酬も夢ではないというメリットがあるでしょう。しかし、人には適性がそれぞれありますから、自分はどちらに向いているかを冷静に判断してどの道を行くかを決断することは大事なことです。

特に会社員からフリーエンジニアに転身する場合はその適性が重要です。必ずそうだとは限りませんが、フリーになった後、会社員に戻ろうとすると不利になるケースもあるからです。フリーに向いている人の適性は、実は慎重さと大胆さの両方が求められます。自分の先行きが不安、クライアントの評価が不安ということを感じられる慎重さが大事ですし、いざとなればリスクをとれる大胆さも必要なのです。慎重であることによって、それを避けるための努力を着実に行うことができるでしょう。また、ここが勝負どころという場面である程度リスクをとらないと、いつまでたっても収入を伸ばすことができないかもしれないのです。能力だけでなく慎重さと大胆さの両方が必要だと言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です